漫画原作を実写映画化する事について

過去にいくつもの漫画が実写映画化してきました。「それを実写化にするの?」みたいな物もあったかと思います。
小説と違い漫画は、作者の絵柄も影響してくるので実写化すると「ないわ〜」と感じてしまう人がいるの納得です。しかし、小説が原作でもある事ですが、約2時間の映画の中にその世界を詰め込もうとなると、相当端折らなくてはならないと思います。
だいたいが名場面を生かした一つのストーリーだったりします。そして未完の作品をその約2時間に完結させます。続編に引っ張っても全てを表現する事は難しいと思われます。
そして名場面と感じるシーン、思い入れのあるシーンは読者によって変わってきますので必ずしも自分の思う名場面が映画に入るとは限りません。そうなるといよいよ「実写化なんて…」と言った気持ちになるのは致し方ないと思われます。
しかし、自分の好きな作品が映画化するとなると気になるものです。そして期待を裏切られ「見なきゃよかった…」とぼやくのですよね。
そうならない為にも「これはオマージュ作品なんだ」と自分に言い聞かせて観覧すると良いでしょう。つまり別物である、と。
そうすれば期待も裏切られず、楽しく見る事ができるんじゃないでしょうか?
または再現できている箇所を探すのもいいかもしれません。衣装でもセットでもいいです。
せっかく見るのならば楽しく見られるようにしたいですね。全身脱毛人気口コミランキング